ポイントシステムASP提供、独自ポイントシステム構築、商品交換業務まで一括アウトソーシング!

formBtn0
Search
ニュース

業界シェア競争を生き抜く実践事例セミナー

2014/09/17UPDATE

業界シェア競争を生き抜く 実践事例セミナー

概要

国立社会保障・人口問題研究所によると、今後10年間で15歳~64歳の生産年齢人口は、640万人減少すると推計されています。
この数は現在の生産年齢人口比で、東京都のそれの7割強、大阪府の1.1倍強、愛知県の1.3倍の人口がいなくなることを示しています。

この大きな縮小トレンドの中で、さらに厳しい業界でのシェア争いに勝ち抜くためにこれまで以上に、
「1人当たり売上高や、競合との関係では、顧客内シェアを高めていくこと」が求められています。

本セミナーでは、比較的「属人的な営業力」にたよる部分が多いとされるBtoB(法人取引)においても、BtoCで進化してきたきめ細かなITを利用したマーケティングで、着実に効果をあげられている事例や秘訣をお伝えします。

主な対象

1. 市場として、全国に5000社以上の潜在顧客が存在するBtoB業種
2. 業界シェア1位を目指している企業の営業・企画責任者
3. 社内の製品やサービスの部門間のシナジー効果をあげたいと考えている経営企画責任者
4. 既存顧客のクロスセル、アップセルをミッションとしている営業・企画責任者
5. 見込顧客の引き上げ率UPを課題としている営業・企画責任者
6. 値引き競争を避けたいと考えている営業・企画責任者

タイムテーブル

15:00
~15:40
第1部
業界初のポイントサービスで1.3万社の工務店の会員化とクロスセル増加を導いた その理由とは?

建設機械分野で236の営業拠点をもち、業界でも話題となったポイントサービスの導入について 日立建機日本(株)の最前線で顧客の反応をつぶさにみてきた営業企画ご担当者から その意外な成功の秘訣や、効果、立ちはだかった障壁、今後の課題などについてご講演いただきます。
日立建機日本(株)

15:40
~16:10
第2部
「3ヶ月で受注獲得!すぐ始められるリードナーチャリング手法とは?」

見込み客(リード)をメールやWeb等で育成するマーケティング手法「リードナーチャリング」がBtoB業界で注目を集めています。 しかし、いざ始めようとしても相当な労力と時間がかかるため、実施に踏み切れない担当者様は多いのではないでしょうか。 本セミナーでは、BtoB・BtoC企業問わず多数企業のメールマーケティングを支援する (株)エイジア セールスマーケティンググループ シニアマネージャーの齋藤氏より、準備期間2週間、3か月で初受注となった成功事例と すぐ始められるリードナーチャリングの実践的手法」についてご講演いただきます。
(株)エイジア
セールスマーケティンググループ 齊藤様

16:15
~16:45
第3部
ポイントサービスを導入する際に絶対にやってはいけない6つのルール

  • 1. ただ売上にポイントをつける
  • 2. 単独ではじめる
  • 3. 「成果がでている」or「売上ロスしている」理由が不明確
  • 4. 効果検証方法を決めない
  • 5. サービス停止シナリオ
  • 6.「知らない」「貯まらない」「魅力がない」サービス
(株)クレアンスメアード

詳細

開催日時 2014年10月29日(水) 15:00-17:00 受付は14:40分より
会場 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル 4F:ミーティングルーム4E
JR『市ヶ谷駅』より徒歩約2分
東京メトロ南北線・有楽町線『市ヶ谷駅』7番出口より徒歩約1分、4番出口より徒歩約2分
都営地下鉄新宿線『市ヶ谷駅』4番出口より徒歩約2分
アクセス地図 http://tkpichigaya.net/access.shtml
対象 1. 市場として、全国に5000社以上の潜在顧客が存在するBtoB業種
2. 業界シェア1位を目指している企業の営業・企画責任者
3. 社内の製品やサービスの部門間のシナジー効果をあげたいと考えている経営企画責任者
4. 既存顧客のクロスセル、アップセルをミッションとしている営業・企画責任者
5. 見込顧客の引き上げ率UPを課題としている営業・企画責任者
6. 値引き競争を避けたいと考えている営業・企画責任者
定員/費用 30名/無料

※事業内容が講演企業と競合関係になる企業の方の参加はお断りさせていただく場合があります。
(建設機械、CRM、メール配信システム、ポイントシステムなど)
※セミナー参加者は、受付にて名刺を1枚頂戴します。
※複数名のお申し込みをご希望の場合は、お手数ですが一人ずつフォームに入力ください。

  • ISMS
  • Privacy Mark